大規模修繕が終わりわかった ささやかな幸せ

築10年の我が家はこの秋、
大規模修繕をしたのだけど・・・

自分で頼んでおいて

これが超ストレスだった。

外装なので、
室内は関係ないのだけど
足場を組んでいるため、
常に家の周りを誰かが巡回している状態。

まるで籠の中の鳥よ!

スキャン 858

自分の家に居ながらにして
常にビクビク、自由もない生活よ。

自由がないってどういうこと?

こういうことよ・・・

スキャン 859

二階のトイレに腰を下ろし、
いざ・・・という時、
窓の外に感じる人の気配。

スキャン 860

欲望を必死に堪えながら、
1階のトイレに向かう!

スキャン 861

しかし!

我が家の1階のトイレの窓は
ガレージに面して付いていて、
大規模修繕の間、
ガレージは資材置き場になっていた。

スキャン 862

無理無理!!!
絶対に無理だって!

家にいながらにして、
トイレも自由に行けないその辛さ!
わかってくれる?

行く勇気がないだけか・・・

だって、大砲放った後
どんな顔して出てけばいいの?

スキャン 863

無理・・・わずかな乙女心?
いいえ私のプライドが邪魔をする。

自分の家のリビングでトレイにも行けず、
陣痛にも似た痛みと戦うこと数分、
ふっと誰かの気配に気づき

スキャン 864

見上げてみれば・・・

スキャン 866

カーテンのない窓から
職人さんの視線!!!
もーーー
自由に悶え苦しむことさえできないのか!

こんな日々を過ごした大規模修繕期間。
ホント、終わってホッとした。

私は今、
外装がきれいになった家の中で、
自由にトイレに行ける幸せをかみしめているわ。


↑この絵をクリックお願いします
更新の励みになります

友だち追加数
↑公式アカウントもよろしくです

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
あぁ本当、自分で頼んでおきながら、大規模修繕はストレス溜まりましたよ〜。カーテン閉め切り、洗濯物も干せず、トイレも気を使い。窓から見て、職人さんが昼寝をしている時だけが唯一心休まる時というか・・・。それに私はよく日中、一人でなりきって歌を歌ってるんですよ。明菜やキョンキョン(←これらは習慣)、アムロ(←今はもっぱらHero)、それに最近は宇多田ヒカルのアルバムも買ったばかりだったからそれも歌いたい! その練習ができないのもすごいストレスでした。終わってホッとしています。実は・・・このラップ動画を撮った時、ちょうど大規模修繕中で。日中なのにロールカーテン閉めてるのはそれが理由よ。まぁ、やりづらいったらありゃしない!って、そんな中、するなYO!なんだけどさ・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする